帝京高等学校サッカー部 活動理念

帝京高等学校サッカー部は、文武両道を基本とし、その中で日本の高校サッカーのトップになることを目標とする。また、地域に愛されるサッカー部を目指します。

 

将来的には世界で通用するサッカー選手の育成を図り、幅広い分野で活躍の出来る自立した人間を育てることを目指します。

チームとして目指すもの

日本のトップを目指す為に、高い目標を設定して個人としてもチームとしても団結をして、日々行動を行う。

個人として目指すもの

世界で通用する選手になる為に、サッカーにおける技術・戦術の獲得はもちろん、強い向上心やチャレンジ精神を養う。また、文武両道の実践の為に、グラウンド内外でも自らをセルフコントロールし、社会の一員としての社会性を身につける。

先を見据えた教育

高い目標に対して、個人の成長に合わせた技術・戦術の獲得を目指す。生徒の技術レベルや獲得状況、身体的・精神的成長が異なる生徒の「今」を大切に、将来を見据えた指導・教育をします。

豊かな心と社会性の育成

生徒は1人のサッカー選手である前に1人の人間として、何事にも興味を持ち、果敢に挑戦をする生徒になるように教育します。

 

自ら考え、行動し、多くの人とコミュニケーションし、幅広く信頼関係を築くことのできる社会性を育てます。

 

地域でのスポーツ活動やボランティア活動などに積極的に参加し、地域に根差した地域に愛されるサッカー部を目指します。

Please reload